テクニカル分析を用いて予想を的中させる

ハイローオーストラリアの予想の仕方に関して悩んでいる方も沢山いると思います。

ハイローオーストラリアの予想をするには、テクニカル分析が一般的ですよね。

ハイローオーストラリアの予想をするためのテクニカル分析とは、

過去の株価の値動きなどをもとに将来の株価の動向を予測したり、現在の株価が買われすぎ・売られすぎの状態にあるかどうかを判定したりする手法です。

為替相場の動きにはある程度の習性があり、それを見ながら予想を立てていく手法になります。

 

 

ハイロー予想の立て方その1

 

ラインからどのような予想が立てれるか見方を3つに分けて説明します。

 

まず一つ目は、基準線と転換線の位置関係により、上昇トレンド、加工トレンドを判断します。

転換線が基準線より上に位置している期間が上昇トレンド、その逆が下降トレンドになります。

また、転換線が基準線を下から上へ抜けたときを「ゴールデンクロス」と言い「買いのシグナル」と呼ばれています。

反対に転換線が基準線を上から下へ抜けたときを「デッドクロス」と言い「売りのシグナル」と呼ばれています。

 

ハイロー予想の立て方その2

 

ハイローオーストラリアの予想をするための二つ目の見方は、遅行スパンを用いたトレンドの判定です。

遅行スパンが26日前の株価より上に位置している期間を上昇トレンド期間、逆に遅行スパンが26日前の株価より下に位置している期間を下降トレンド期間と判断します。

 

 

ハイロー予想の立て方その3

 ハイローオーストラリアの予想をするための三つ目の見方は「雲」を用いた方法で、

株価が雲の上で推移しているときは下値抵抗帯になりやすく「買い」を考えるポイントになり、

雲の下で推移しているときは上値抵抗帯になりやすく「売り」を考えるポイントになります。雲を用いた見方は、多くの投資家が投資判断に使っています。

他の2つの判定方法は忘れてしまっても、この雲の使い方だけは覚えておいてください。

 

 

ハイローオーストラリアで予想を立てて投資しよう

 

ハイローオーストラリアの予想の仕方について説明してきましたがいかがでしたでしょうか?

始めたばかりの方には少し難しいかもしれませんが、わかると間違いなく勝率は上がってきます。

テクニカルを有効に使うのもそうじゃないのもトレーダー次第と言われています。

順張り、そして逆張りを上手に扱えるトレーダーになり、バイナリーオプションを攻略していきましょう。

まだバイナリーオプション取引をされてない方はこれを機会にハイローオーストラリアで口座開設してこの方法で予想してみてはどうでしょうか。

逆張り派?順張り派?バイナリーオプション勝つ方法とは?

以前も、逆張りと順張りについての記事を書きましたが、

今回はさらに詳しく逆張りと順張りについてみてきたいと思います。

 

勝利条件となる取引で多用される手法

 

バイナリーオプションの順張り逆張りとは、

トレード手法として、それぞれ

「順張り(トレンドフォロー)」

逆張り(カウンタートレンド)」

と表現されます。

 

バイナリーオプションでハイ・ローやワンタッチ等、ある方向へ一方的にレートが動くことが勝利条件となる取引で多用される手法となります。

バイナリーオプションで勝つ方法として順張り逆張りに注目しますが、その手法を利用する上で特に注目したい業者といえば、ハイローオーストラリアでしょう。

バイナリーオプションの基本となるハイロー取引に特化している取引環境は、順張り逆張りでの攻略に最適です。

バイナリーオプションの取引を開始する時点で、それまでの値動きの方向に沿って取引することを順張り、それまでの値動きの方向に逆らって取引することを逆張りと呼びます。

 

バイナリーオプションの順張りを行う場合の大前提は?

 

バイナリーオプションの順張りを行う場合の大前提は、

一度発生したトレンド(レートの一方向への一方的な動き)は、

一定期間継続するというロジックに基づいています。

順張りのエントリー(取引を決定すること)方法はいくつかありますが、以下の2つのやり方が基本となります。

 

 

勝つ方法の1つは抵抗線

 

バイナリーオプションで勝つ方法の1つは

抵抗線(そのレート付近で価格が下落方向に跳ね返されやすい線)

支持線(そのレート付近で価格が上昇方向に跳ね返されやすい線)

を割り込んだ際に、抜けた方向にエントリーするというブレイクアウトです。ブレイクアウトとは、抵抗線支持線が割られた勢いに乗る、という意味です。

もうひとつが、各種テクニカル指標を使って判断する、押し目買い」や「戻り売り」と呼ばれるものです。

 

バイナリーオプションではこれらのように色々な方法がありますが、順張りで勝つ方法とは、トレンドの発生と終焉を見極めることです。これができれば高確率で勝つ方法を確立することができるでしょう。

とにかく自分を信じて、少々の浮き沈みは気にせず、目標までは持ち続けることだと思います。

上昇の勢いを利用し買いを入れる順張り戦略か、

トレンドの重要な性質を理解した上で、あなたの戦略をはっきりと決めることが重要になってきます。

 

バイナリーオプションで勝つ方法としての順張り逆張りについて説明させていただきました。

『トレンド』と『レンジ』の違いを理解しておく

日々トレードの勉強をされている方は一度は耳にした事があると思います。

今回はそれの解説をしていきます。

トレンド相場とは

 

トレンド相場は、値動きがトレンドに沿って動く為、

トレンドが終わるまで相場が続きます


トレンドには上昇トレンドと下降トレンドが有って、

上昇トレンドは押し目を作ったりしながら上昇していって、

下降トレンドは、一時的な反転をしたりしながら下がっていきます。

 

上昇トレンドも下降トレンドも長く続いたり短く終わったりして、

常に一定ではないから、いつ終わるかは予測困難です。

上昇トレンドと下降トレンドの間にはレンジ相場が有ったりします。

 

つまり、為替は常に上下に動いています。その中でも為替が上下しながらも一定の方向に向かって動いているときの相場をトレンド相場と言います。

 

よって

上向きに上下を繰り返して行く相場を「上昇トレンド」

下向きに上下を繰り返して行く相場を「下降トレンド」

と言います。

 

トレンドにそってエントリーしていく事を順バリ

トレンドが終わりレンジ相場に移る瞬間や逆向きのトレンドに入っていくポイント得お狙うのを逆バリ

 

僕がFXに挑戦していたときは順バリトレーダーでした。

 

しかし、バイナリーオプションでは順バリはなかなかうまくいかず

バイオプには逆バリが有効的なのではと感じています。

 

 

レンジ相場とは

 

レンジ相場とは為替の変動範囲がある一定の範囲内、

レンジの中で上下に上がったり下がったりする相場のことです。

上昇も下降もトレンドが小さく、ある一定の値に到達するとそこでトレンドが変化して反転します。

反転して逆方向に動き出しても、また一定の値に到達するとそこでまた反転とレンジ内から出ない特徴が有ります。

 

 

つまり、シンプルにトレンド相場ではない状態を言います。

一定の範囲内で相場が上下している状態

 

コレをレンジ相場と言います。

レンジ相場ではテクニカル分析が効果的になる相場でもあります。

これらのテクニカル分析はレンジ相場中に効果を発揮します。

 

 

ノントレンド相場を分類に入れることも

 最後に、ノントレンド相場とは、
トレンド相場でもレンジ相場でもない相場のことを言います。

 

高値や安値が規則性のないスパイク状のような相場のことを
ノントレンド相場と呼びます。

人によっては、
相場をトレンド相場、レンジ相場の2種類のみ定義して、
ノントレンド相場を定義しない方もいます。
正解はないですが、
僕は、3種類に分類した方がトレードし易いなあ〜と感じます。

 

バイナリーオプションでよくある失敗の話

投資における資金管理の重要性。

 

バイナリーオプションで失敗する人は金管ができていない。

これは、バイナリーオプションだけに関わらず、投資すべてにおける話だと僕は考えています。

 

 

金管理を完璧に行えれば、 

バイナリーオプションで負ける事は無いと断言出来ます。

 

そもそも資金管理とは「ポジション管理」ともいわれ

簡単に言えば投資に使えるお金をしっかり管理する事ですね。

 

バイナリーオプションには、スポーツ同様流れがある

 

バイナリーオプションには、スポーツ同様流れがあると考えています。

 

よくある失敗例

例えば1日10取引と決めている場合の勝率が45%から60%の方

 

60%の勝率が3日間続いている時 

BET額を5000円でやっている場合

6勝4敗=利益6400円

6400円✖️3日=19200円

バイナリー初心者であればまぁまあ良い方ですよね

 

 

しかし、4日目50%の勝率の日に

5勝5敗

−3000円

まぁここで終われば良いんですけど、、、

勝ちが続いてるとついかけてたくなってしまいます。

 

 

そして負けが続きどんどんその日のマイナスを広げ

最後に一発逆転を狙って

口座残高0円

 

 

良くある話だと思います。

僕も何度もやりました。

 

せっかく勝って出していた利益も無くしてしまえば何の意味もありません。

そのため資金管理です。

 

 

勝てるマイルールの構築

じゃあどんな対策をしたら良いのか。

僕が守るべきと思うのは、勝てるマイルールの構築
勝ち時の一日に稼ぐ額を決める

負けの最大額の設定

これらを守っていれば基本的に負ける事は無いかと思います。

 

ただ、勝てるマイルールの構築がそもそもできてない人は、マイルールを作り

トライandエラーで反省を活かし続けて

勝てるルールができたらシンプルに掛け金を上げて

 

 

ルールを守れば、利益は自然と増えるはずです。

 

 

 

 

 

何を勉強したらいいか-テクニカル分析-

裁量エントリーの何を勉強したらいいか

 

裁量エントリーとは、自分の力でツール等を使わずに取引する事です。

 

裁量の技術を得てしまえば半永久的に稼ぎ続ける事ができる。

 

 でもなかなか厳しいです。

今僕も必死に勉強中ではありますが

 

一番勝率が上がったなと思うのは、

自分がわかりやすいと思うテクニカル分析を見つけ次の一分を予想し続ける。

 

 

正直めちゃめちゃ地道だし時間がかかる

正直めちゃめちゃ地道だし時間がかかります。

コレを楽しくやる方法を提案します!

 

バイナリーオプションではデモ口座を使えます。

ハイローオーストラリアであれば、100万円が口座に入った段階で始められます

しかもたとえ0円になってもログインし直してしまえばリスタートができる。

 

コレを使って

例えば

ターボ1分で20万BETを

10時00分00秒

    01分00秒

   02分00秒

   03分00秒

 

 

というようにかけて行けば

1分ローソク足の予想ができ、結果は取引履歴で見れます。

コレを10分10回やって、勝率をみる

 

それをやっていた時間帯、取引した回数をすべてメモする

コレを1週間続ければ1週間の勝率が見えてきます。

 

1ヶ月続けて

どの曜日どの時間帯が自分が得意なのか、

負けているときは何故あけが多いのかの分析

 

コレを続けていれば、自己最良トレードは自然に勝率が上がってくる事は間違いありません。

 

ただコレを続けるって言うのは、正直飽きてしまったり、すると思います

ですが投資とはそういうものです。

 

地道な努力

その先に楽に稼げる未来がある

 

 

だから目先のお金にとらわれている間は、バイナリーオプションは勝てるようには

ならないです。

 

だから皆さん

僕と一緒に気長にがんばりましょう。

ハイローオーストラリアが選ばれる理由-その2-

前回の記事で、ハイローオーストラリアを選ぶメリット2点、

・他のサイトに比べ圧倒的にペイアウト率が高い

・利用画面がものすごくわかりやすい

 

をお伝えしました。

ハイロー、ハイロースプレッド、ターボなど取引内容が豊富

 

基本的には僕はハイローの5分15分の取引しかしませんが、

 

30秒、1分、3分、5分

と種類が多く、

 

30秒はペイアウト率が1,95倍

1分はペイアウト率は1.9倍

ご覧の通り、かなり倍率が高いですよね。

 

実はターボがハイローオストラリアで一番多く行われいる取引だとも聞いたことがあります。

 

スマホがあるため携帯での操作が楽チン

 

これは、他のバイナリーオプションの業者の皆さんは、

 

スマホ向けで作られているサイトが思ったより少なく、

ブラウザでの取引を行うところが多かったです。

 

通学通勤時間等でも、自分自身の中で、

いいシグナルが来た時は取引したいですよね。

 

だからスマホアプリがあるハイローオストラリアはぴったりでした。

 

 

iPhone6ではできない

 

これは実体験ですが、処理速度の影響からか、wifiがないところではログインができず、

ルーターも持っていない時期はしばらく取引ができませんでした。

 

僕はiPhoneXに変えちゃいましたが、現在はアップデートが進んでいるかもしれませんね!

 

 

以上、ハイローオストラリアのメリットとデメリットをお伝えしました!

何かの参考になれば幸いです!

 

 

 

ハイローオーストラリアが選ばれる理由

僕はハイローオーストラリアを使っています。

今日は、どうしてハイローオーストラリアなのかということをお伝えしたいと思います。

メリットとデメリットまとめます!

 ますはメリットから紹介します。

・他のサイトに比べ圧倒的にペイアウト率が高い

・利用画面がものすごくわかりやすい

・ハイロー、ハイロースプレッド、ターボ、ターボレスプレッドと取引内容が豊富

スマホアプリがあるため携帯での操作が楽チン

 

デメリットは、

iPhone6だとできない

 

他のサイトに比べ圧倒的にペイアウト率が高い

 

上から順に説明していきます。

他のサイトでは、

ハイローでのペイアウト率というのは、

1,68倍〜1,82倍というのが一般的な中、

 

なんとハイローオーストラリアでは、

1,82倍〜2倍!!!!

 

バイナリーオプションを選ぶ前に調べていたら、圧倒的なペイアウト率でした。

 

 

利用画面がものすごくわかりやすい

 

これはPCサイトの方が特にそうですね。

取引通貨の選択から、取引時間の選択まで、

わかりやすく書いていあるので、焦って取引した通貨や時間を間違えることも少ないかと思われます。

 

 

 

次回の記事で、続きのメリットとデメリットをお伝えします!